遺伝子ドーピング検査が東京オリンピックに!ゲノム編集で選手の健康は?ばれない?
スポンサーリンク

ついにドーピングもここまできたか!

 

東京オリンピック・パラリンピックが来年2020年に開催されることはあなたを含め日本国民ならほば全員が知っていることでしょう。

開催まで1年をきりオリンピックムードもじょじょに盛り上がってきています。 そんな中、懸念すべき事態が起こっています。

 

それは、スポーツ選手にとって必須になっているドーピング検査についてです。

 

それも今までされてきたドーピングではなく新たなド-ピングです。 従来は薬物のドーピングが問題になっています。 国家レベルでドーピングしているとされ、出場ができない国や選手がいましたね。

 

しかし、今回懸念されているドーピングは、痕跡を残さずにできるのです。 それが「遺伝子ドーピング」といわれるものです。

 

急速に進歩しているゲノム編集技術を人体につかい人体改造をする可能性がでてきました。

 

毎回のオリンピックではドーピングで失格する選手が続出しています。 方法も巧妙化してきましたが、ゲノム編集まで懸念されるようになったんですね。

 

この遺伝子ドーピングについて調べてみました。

 

遺伝子ドーピングとは?

ゲノム編集技術を使い遺伝子を改変するんです。 ようするに、そのスポーツ選手に必要な運動能力を向上させるように改変することです。

 

例えば筋肉をもっとつけたいと考えている選手には、筋肉がつくような体にします。 また、持久力をよりよくしたい選手には持久力をアップするようのします。

 

これまでは、筋肉増強剤や興奮剤のような薬物ドーピングが主流でしたからそれを摘発する検査はある程度確率していました。

 

薬物ドーピングの場合は尿などから検出できます。

 

「血液ドーピング」といわれるものの場合は 血液の赤血球を増やすことで持久力を高めるという方法ですが、これも数か月経過した後で不正がわかる分析技術があるということです。

 

しかし、この遺伝子ドーピングは従来のドーピングよりも検出がむずかしいということです。 なぜなら遺伝子ドーピングの場合は、もともと人間の体にある仕組みを利用するのですから書き換えられた遺伝子がつくるものが自然のものと区別がつきづらいということです。

 

確かに、もともと人間にあるものを使うんですから人工的にできたものを使用するのとはわけが違いますよね。

 

でもそこまでしてでもオリンピックでいい成績をおさめたいのでしょうか。 私なんかは、そんなことをしていい結果がでたとしてもなんか後ろめたい気がしますけどね。 でもオリンピックの人生をかけている選手もいるからそうまでしてでも結果が出したいのかな。

 

遺伝子ドーピングってほんとうにできるの?

遺伝子ドーピングについては、現在のところ懸念があるということで実際にしている選手がそれで摘発されたということはありません。

 

ただ、技術的にはできないことはないので、東京オリンピックでその遺伝子検査も導入する可能性があるということです。

 

ゲノム編集は農作物の品種改良や病気の治療までと使われています。 中国ではゲノム編集で双子を誕生させたことで倫理的に大問題だとして非難されています。

 

ですから、専門家に言わせれば、そのスポーツ選手に必要な体にする人体を改造することは理論的にも可能だそうです。

 

ですが、現時点ではゲノム編集で選手の競技力向上ができるというノウハウも完全には確率されていないようです。

 

とはいえ、私たちが知らないだけでどこかの国ではすでに研究されている可能性もありますよね。

 

その結果、選手が本当に理論上通りすごい活躍をするかどうかはわかりませんけどね。

遺伝子ドーピングして健康に問題はないの?

さて、かりにゲノム編集で人体改造ができたとして選手の健康に影響はないのでしょうか? 遺伝専門医の教授によると、健康リスクは不明瞭ということです。

 

理論上は人体改造が可能とは言え、スポーツ選手の運動能力向上に応用した研究はまだそんなにされていないでしょう。

 

ですから、もしどこかの国のように国ぐるみでドーピングするなら今後将来的にはひょっとすると広がるかもしれませんが、遺伝子を変える人体改造に踏み出す選手がどこまでいるかはわかりませんね。

 

そりゃぁそうでしょう。 ずっと前からある遺伝子組み換え農作物でさえ、現在でも食べると人体に悪影響があるとしている人も多くいます。

 

真偽のほどは私のような一般人にはわかりません。 しかし、そんな感じのものを人体で試すことがはたしてできるのでしょうか。 すくなくとも安全性が確かなものになるまでは私はごめんですね。

 

まぁ、安全100%ならやってみるかな。 でもそんなことが当たり前になれば、一般の人も理想のボディや顔も不可能ではないのかな。(笑)

 

倫理問題もありますが、こういうことって絶対誰かやる人や国がでてきますよね。

 

私なんかにしたら、オリンピックに出場できるだけで光栄なことだと思いますけどね。 東京では不正のないように願います。

スポンサーリンク
おすすめの記事