河辺愛菜(フィギュアスケート)のwikiやプロフィール!両親や兄弟は?
スポンサーリンク

女子フィギュアスケートに新たなスターが登場した!
彼女の名前は、河辺愛菜(かわべまな)さん!

11月17日に行われたフィギュアスケート:全日本ジュニア選手権で見事に初優勝を果たしました。

まだあどけなさが残る15歳だが、その演技はジュニアのレベルとはかけ離れるくらいにすごい!

https://pbs.twimg.com/media/EJj4kwOUcAENIVo?format=jpg&name=small

すでに、フィギュアスケートの強化選手ですからもともと実力はあります。
この大会では、公式戦では自身初めてトリプルアクセル(3回転半)を、成功させました。
近い将来、紀平梨花選手らとともにオリンピックでの活躍も期待できますね。

ということで、今回は河辺愛菜(かわべまな)選手について調べてみました。

目次

河辺愛菜選手のプロフィール!

出典:日本スケート連盟のHP

生年月日:2004年10月31日
出身地:愛知県
身長:153cm
血液型:O型
所属:関西大学KFSC
趣味:読書
中学校:高槻市立第九中学校

日本スケート連盟のHPのプロフィールのページで彼女のひとことコメントがありました。

今年の目標は試合でトリプルアクセルを成功させることです。毎試合ミスのない演技ができるように毎日の練習を頑張ります。

って、もうすでに今回の大会で飛んでしまってますよ!
すごいな有言実行!しかも練習じゃなくて公式戦ですから値打ちがあります。

ただ、河辺愛菜選手もジュニア合宿のときのインタビューでは
「ジャンプだけでなくスケーティングもみんなからきれいだなと思われる選手になりたい」と言っていました。

ですからこれからは、スケーティングも注意してみたいですね。
彼女のスケーティングが上達していく過程が楽しめるかも知れませんね。
とはいうものの、トップクラスの選手だとあまり技術の違いがわからない私です。(苦笑)


しかし、今回の大会は無欲の勝利といいますか本人も「全部のジャンプを回り切れて安心している。優勝できると思っていなかった。信じられない」とコメントしていました。

それもそのはず、今シーズンは順位よりも自己ベストを目標にと言っていました。

ですからそれだけを考えて試合に挑んだと思います。
結果優勝ですから、ほんとうに良かったですね。

河辺愛菜選手の両親や兄弟は?

愛知県出身の河辺選手ですが、現在は大阪府高槻市に住んでいます。
ご両親と弟の4人家族のようです。

彼女は、5歳からフィギュアスケートをはじめ小学生の時から国際大会で優勝するなど、将来を期待されていた選手だったんです。

その頃からお母さんが熱心だったようです。
地元では有名だったようで、テレビ愛知で彼女が13歳の時、といっても2年もたっていませんが、マナのフィギュア日記 ~13歳の選択肢~というドキュメンタリー番組に出演するほどでした。

出典:テレビ愛知

そして、じつは1年半前に名古屋で働くお父さんだけを残してお母さんと弟さんと大阪に引っ越したんです。

離婚じゃないですよ。(笑)

というのも、昨年のGPファイナル女王の紀平梨花らと同じ浜田美栄、田村岳斗両コーチの指導を受けるためになんです。
そして、ジャンプやスケート技術に磨きをかけた結果が今回の優勝につながったんです。

引っ越しって良かったですね。トリプルアクセル成功しました。

でもお父さんかわいそうですね。娘や息子と毎日会えないんですから。あっ、お母さんとも(笑)

河辺選手も「弟に会えなくて父がかわいそう」とコメントしています。

家族に自分のために迷惑をかけていることは本人も自覚していて、大阪に来てからは練習量も増えて真剣にがんばっているそうです。


河辺選手は来年3月にエストニア・タリンで開催される世界ジュニア選手権出場が内定しています。

将来的にはフリーでトリプルアクセル2本入れたいと考えている河辺選手ですが、きっとやってくれると信じています。

女子でも4回転を飛ぶ時代ですから、なかなか厳しい戦いが続いて行くことでしょうが、オリンピック出場目指して精一杯頑がんばってほしいですね。
応援しています。

スポンサーリンク
おすすめの記事