高橋藍(東山高校)のwikiやプロフィール!イケメンで彼女はいる?
スポンサーリンク

ジャパネット杯春の高校バレー第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会
春高バレーの愛称で、「バレーボールの甲子園」とも言われてる大会です。

 

2020年の王者は京都の東山高校が優勝しました!

 

1回戦から決勝まで1セットも落とすことなく
まさしく完全優勝です!

 

その東山高校でひときわ輝き大活躍したのが
高橋 藍(たかはし らん)選手です。

 

プレーもさることながら、そのイケメンぶりに人気も爆発ですね!

そんな高橋 藍(たかはし らん)選手について調べてみました。

 

 

 

 

高橋 藍(たかはし らん)選手のプロフィール


名前:高橋 藍(たかはし らん)
名前の由来は野球好きのお父さんが命名、ホームランの「ラン」だそうです。
皮肉なことに野球ではなく、バレーボール選手になりました。

生年月日:2001(平成13)年9月2日(2020年1月現在18歳)
出身地:京都市出身
身長:188㎝
中学校:京都市立蜂ヶ岡中学校
東映の太秦映画村の近くの中学校ですね。
高校:東山高等学校
私立高で男子校です。

2歳上の兄の影響で小2からバレーボールを始めたそうです。
中学1年の時はリベロでした。
3年連続で全日本中学校選手権に出場。
やはり中学時代から強豪校で活躍していたんですね。

そして、春高バレーの優勝です。

本人も優勝後のインタビューで答えていたように
今後オリンピック選手を目指して頑張ってほしいですね。

高橋 藍(たかはし らん)選手に彼女はいるの?

さて、イケメンで背も高くバレーのセンスも抜群の高橋選手。
優勝を決めた後のインタビューでは嬉し涙を流しながら答えていました。
とてもピュアなところに好感がもてたのは私だけではなかったでしょう。

 

そんな高橋選手ですが、気になるのが彼女の存在です。
これだけモテる条件がそろっているのですから
彼女がいても不思議ではないですよね。

 

SNSなどいろいろ情報を集めましたが現在彼女の存在は確認できませんでした。

 

まぁ、考えてみれば全国優勝するほどのチームです。
練習も毎日ハードなものになるのは当然ですよね。
ましてや、主将ともなるとみんなの先頭に立って引っ張っていかなければなりません。

 

そんな選手が彼女と遊ぶ暇があるでしょうか?
これは、ちょっと無理だと考えられます。

 

しかも、東山高校は男子校です。
共学ならまだ学校内で彼女が出来る可能性もありますが
残念ながらそういうことはないですよね。

 

それに、高橋選手は中学校が京都市右京区という市内の西に位置する場所にあります。
ということは自宅もその付近です。

 

対して学校は、京都市の東に位置する左京区にあります。
通学にも1時間くらいはかかる距離になります。

 

遅くまで練習して帰るのにも時間がかかる。
まず、デートの時間はありませんね。

 

高橋選手は今後大学に進学するようなコメントをしていました。
ですから、彼女は大学にいってからでいいのではないでしょうか。

 

といっても、今回の優勝でメディアで取り上げられることも増えています。
一気に大人気になることで彼女どころではないかもしれませんね。

 

とにかく、注目度が上がるのはたしかですからね。

 

くしくも東山高校は、観光地でもある永観堂や南禅寺
哲学の道も近くにあるので観光客も多い地域です。

 

今後は、観光客だけでなく
高橋選手目当てのファンの方々も増えてくるかも知れませんね。

 

今後の高橋選手の活躍がますます楽しみです。
くれぐれも天狗になって自滅しないように願います。
ま、彼ならそんなこともないでしょうけどね。

スポンサーリンク
おすすめの記事