平手友梨奈(欅坂46)脱退の真相は?不仲が原因?なぜ卒業ではない!
スポンサーリンク

1月23日に発表された欅坂46の平手友梨奈(ひらて ゆりな)さんのグループ脱退!

ファンならずとも驚かれた人も多かったのではないでしょうか。

 

しかも、卒業ではなく脱退です。
それも平手友梨奈さんの意思を尊重してこの言葉になったようです。

 

平手友梨奈さんが脱退した真相は何だったのでしょうか。
調べてみました。

 

 

 

 

平手友梨奈さんの脱退の真相は?


脱退を発表したまさにその日TOKYO FMのラジオ番組に出演し
そこでも欅坂46を脱退することを報告しました。

 

ただ、脱退の理由については

「今は話したいとは思わないので、いつか自分が話したいと思った時に機会があれば話させていただこうと思います」

と明言を避けました。

 

ということで、しばらくは本人から真相は聞けそうにありませんね。

 

しかし、なぜこうなったかを推理することはできます。

まず、なぜ脱退という言葉を使うことにしたのかということです。
普通この関連グループは「卒業」という言葉で離れていきます。
事実同じ日に織田奈那さんと鈴本美愉さんは卒業しますと発表されました。

 

ここから考えられるのは、平手さんが相当思い詰めてグループを辞めることを決意したことがわかります。
絶対的エースの自分が欅坂46を抜けるとどうなるかはわかりきったことです。

 

そして、欅坂46を大事にしてきたことも確かです。
それだけに、脱退は苦渋の決断だったのでしょう。

 

彼女はデビューからずっとセンターで絶対的エースとされてきていました。
そのストイックな性格でけがや病気にもなり休養することもありました。

 

自分自身でも欅坂46の中心であることは充分わかっているでしょう。
そんな自分がグループを抜ければどうなるかも。

 

それでも彼女は脱退を決意しました。
結局グループの中の1人としてパフォーマンスすることが限界になったのではないでしょうか。
平手さんのパフォーマンスはほんと何かにとりつかれたように豹変します。

でもグループのみんながそうではないですよね。
だから平手さんは誰にも気兼ねすることなくとことん自分のスタイルでやっていきたいのではないでしょうか。

グループ不仲説


このような、脱退があるとグループが不仲だったのではということも言われます。

 

欅坂46は他の関連グループとは違いメッセージ性のある歌でした。
しかも、パフォーマンスもどこよりも激しいものでした。

 

観ていても誰か倒れるのじゃないかと思うほどですよね。

 

しかし、これだけの人数のグループです。
気の合うひともいれば、合わないひともいます。
これは、どこでもいっしょですよね。
ある程度人数が増えれば仕方がないことです。

 

不仲というよりは、考え方の違いがあるということでしょう。

 

いわゆる、きゃぴきゃぴのアイドルを目指している子もいれば
平手さんのように欅坂46のイメージを重視しストイックに取り組む人もいます。

 

当然温度差がありますよね。
特に平手さんのパフォーマンスは鬼気迫るものがありましたよね。

 

今までのアイドルにはないものです。
ですから、ファンも今までにないアイドルグループ欅坂46を応援していたと考えられます。

 

ところで、脱退したあと平手さんはどのような活動をするのでしょうか?
昨年、平手さんは初主演映画「響―HIBIKI―」(2018年)で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

 

女優さんの仕事にも力を入れるのではないでしょうか?

それに、歌手としてのパフォーマンスもまだまだ観てみたいですね。

どちらにしてもまだ18歳。
今でも充分才能を開花させていますが、これからもっといろいろな可能性を秘めています。

このグループ脱退が彼女にとっても欅坂46にとっても良かったことになれば良いと願っています。

スポンサーリンク
おすすめの記事