山本由伸(オリックス)のwikiやプロフィール!イケメン!彼女や年棒は?
スポンサーリンク

プロ野球の在阪球団で人気があるのは阪神タイガースです。

というより、関西圏にいない方は他にあるの?と思う人もいるかもしれません。

 

でもちゃんとありますよ!
オリックス・バファローズが!

 

イチローさんが在籍しているときにはテレビで取り上げられることもありました。
でもいなくなってからは、あまり話題にならないことが増えています。

というか、イチローさんがいなくなってからもう20年くらいなります。
それからは、マスコミに大きく取り上げられることが少なくなりました。(泣)

 

やっぱり話題はいつも阪神です。
新人が少し活躍しただけでも翌日のスポーツ新聞の一面を飾ることも多いです。

それにひきかえ、オリックスの選手はめちゃくちゃ活躍しても小さい記事。
いゃ、記事になっただけでもいいくらいです。

それほど両チームには差があります。

 

でも昔から根強いオリックス・バファローズファンも大勢います。
そして、野球の好きな玄人好みの選手も多いですね。

ただ、近年は毎年Bクラスと成績まで残念な結果です。

しかし、暗い話ばかりではありません。
若手の良い選手もいっぱいいます。

将来が楽しみな、いやっ!もうすでに活躍している選手も多いです。

今回は、その中でも申し分のない実力の持ち主、そしてイケメンの選手
山本 由伸(やまもと よしのぶ)投手を紹介しましょう。

オリックスどころか、未来の日本のエースにもなり得る選手です!

 

 

 

 

山本 由伸(やまもと よしのぶ)選手のプロフィール!


名前:山本 由伸(やまもと よしのぶ)
出身地:岡山県備前市
生年月日:1998年8月17日(21歳)
身長:178 cm
体重:80 kg
出身高校:都城高等学校(宮崎県)

2016年のドラフト4位でオリックス
2017年からオリックス・バファローズ
背番号:18
投球・打席 右投右打
ポジション 投手

年俸 9,000万円(2020年)
この年棒は高卒4年目としてはオリックス史上最高額です。

 

高校時代から球速150㎞/h超を記録しています。
甲子園出場の無い高卒ルーキーとはいえ
4位指名で取れたのはラッキー以外の何ものでもないですね。

プロ3年目となる2019年のシーズンは8勝6敗でした。
故障で1カ月ほど戦線を離脱していたものの
ほんとうなら10勝以上していてもおかしくありませんでした。

だって防御率が1.95でパシフィックリーグの最優秀防御率賞です。

 

ちなみに、防御率とは、投手が1試合投げたとして相手に何点取られたかという数字です。
ようするに1.95だと自分のチームが2点取れば勝てるということです。

 

近年では、5、6イニングを3点以内に抑えれば先発投手として1流と言われていますから
山本選手の1.95という数字がいかに凄いかがわかっていただけると思います。

 

それなのに、勝ち星が8勝ということは
山本選手が投げる試合で、チームがいかに打てていないかです。

 

実際彼が投げた試合10試合で11得点しか取れなかった時期もありました。
ちょっとかわいそうですね。
それでもくさらず故障もあったのにシーズン最後には復活し規定投球回数を投げ切りました。

 

いゃぁ、ほんとうに2020年は20勝してもおかしくないほどの実力です。
私の予想では、今シーズン中に球速160㎞/hは間違いなくでます。
その速いボールがあるうえに、多彩な変化球も投げられます。

 

ですから、コントロールミスがなければ、一流のプロ野球選手でもそうたやすく打てる投手ではありません。
150㎞/h近くの速さで投げる高速カットボールなんてほんと打てませんよ。
普通のストレートでもそんな球速で投げられない投手けっこういますから。(笑)

 

それに、山本選手はコントロールも良いですね。
昨年は、143回投げて与えた四死球は39です。
単純計算で1試合2個ほど多くて3個です。

 

ね、これだけの投手ですからオリックスのエースだけではなく
未来の日本代表のエースといっても過言ではないでしょう。

 

ただ心配なのは、かつてのオリックスのエース西勇輝選手のように
人気球団阪神タイガースにいかないかということです。

ま、でも同じやるなら人気の球団で観客が多い中プレーしたいでしょうから仕方ないかな。

山本 由伸(やまもと よしのぶ)選手の彼女は?


山本選手ですが、よく見るとけっこうイケメンですよね。
男っぽさに、どこか子供っぽさが混じっているというか。
けっこう20代後半や30代の女性にも人気があります。

 

まだ21歳と若い山本選手ですから、女性ファンは彼女の存在が気になるところです。

 

高校時代は共学ではありますが、甲子園を目指して練習の毎日ですから
彼女を作ってデートをするなんてそんな時間もなかったでしょう。

 

そして、高校卒業後はすぐにプロ野球選手としての生活です。
未成年で寮生活ですから自由に遊ぶこともできませんよね。
まずは、野球選手として活躍できるようにと練習三昧だったでしょう。

 

だから、少なくとも昨年まではいなかったんじゃないでしょうか。

 

ただ、今年くらいはプロの投手として自信もついてきているでしょうし
ちょっと時間的にも余裕ができるかもしれませんね。

 

となると、そろそろ彼女でも!となるかもしれません。
まぁ、どちらにしても彼女になる競争率は激しいでしょう。

 

これから、まだまだ伸び盛りの選手ですから
彼の才能をよりよくできるような女性がいいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事