東京事変(椎名林檎)のライブ中止!なぜ今なの?なぜ決行したの?
スポンサーリンク

椎名林檎さん率いる東京事変のライブが中止されることが発表されました。

 

大規模なイベントの自粛要請があった後の
2月29日、3月1日に東京国際フォーラムでのライブは決行したというのに
なぜ今になってライブを中止にしたのだろうか?

 

ファンの中では、圧力に負けたや、思った以上に非難があったからなど
いろいろな憶測が飛び交っている。

 

では、いったいなぜ東京事変はライブを中止にしたのだろうか
独断と偏見で推測しました!

 

 

東京事変はライブをなぜ決行したの?


今回東京事変が新型コロナウイルスの影響でライブの中止を発表しました。
でも2月29日と3月1日にはライブを開催しています。

 

政府から大規模なイベントの自粛を要請された後での開催だったので
各方面からいろいろな意見があり、今も物議を醸しています。

 

解散したのが2月29日の閏日(うるうび)だったことから
今回復活の日も閏日にしたかったのはわからずもないです。

 

 

どうしてもその特別な日はしたかったのでしょう。
自粛はわかるがどうしても29日だけはしたかった、ならわかります。

 

では、なぜ3月1日もライブをしたのでしょうか。
そして、3月6日からの5公演を中止にするのでしょう。
そのへんがわかりづらいですね。

 

中には、チケットの払い戻しや会場費や設備費などにかかった費用の補填が大変だったからという噂もありますが
さすがにそんな理由でファンを感染させる危険性のあるライブを決行することはないと思いますけどね。

東京事変のライブ中止なぜ今なの?


なぜ今になってライブの中止を発表したのでしょうか。
EXILEやPerfumeは政府の大規模イベントの自粛要請当日がライブ当日でした。
ファンなどももう会場前に多数来ています。

でも中止にしました
もちろんファンはがっかりどころではなく本当に残念な思いをしました。
しかし、こういう状況だからしかたがないです
というコメントを残すファンもいるなど
苦渋の決断を受け入れてくれました。

 

他のアーティストたちも、2月、3月といったライブをすべて中止にしていますね。

 

そういう意味では、東京事変がライブを中止したのもうなずけますが、
それなら先ほども書きましたが復活の日は別として、次の3月1日のライブは中止にしてもよかったのではと思いますよね。

中止になったのは、3月6、7日の大阪府と14、15日の宮城県仙台、そして21日の北海道札幌の5公演です。

 

yoshikiさん(X JAPAN)がツイッターで、コンサート開催について苦言を呈した投稿は記憶に新しいですね。
名指しこそしませんでしたが、誰に向けてかは言わずもがなです。
それが中止した理由なのかはわかりませんが、少しはあるかもしれませんね。

 

でも私が思うに、2月15、16日に大阪のライブハウスでの新型コロナウイルスの感染が影響しているのではないでしょうか。
規模は100人ほどと桁違いに少ないライブでしたが、感染者が続出しています。
100人規模でも東京からきたお客さんが感染しています。
その他にも他府県のお客さんに感染していました。現在も増え続けています。

 

私も驚きましたが、閉鎖した空間での感染力というのは想像以上ですね。
そして、次のライブが会場は違いますが、大阪府です。
また、感染者の多い北海道の札幌も予定されていました。

 

さすがにこれでは、ファンの安全を考えるうえでも、またそれ以外の国民の安全を考えても中止にするのが一番だと認識されたのだと思います。
非常に残念な結果ではありますが、いまは少し辛抱しなければしかたがないですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事