大学無償化の対象者は?いつから?無料条件や内容を分かりやすく解説!
スポンサーリンク
大学無償化!誰でも対象というわけではない。いつから?内容や条件をわかりやすく説明

低所得者世帯を対象に大学など高等教育を無償化する大学等修学支援法、「大学無償化法」が5月10日に成立しました。

いつから大学無償化になるのかというと2020年4月から始まります。

財源は2019年10月に予定している消費税率10%への引き上げ分があてられることになります。

この法律では、低所得世帯の学生に対し、大学などの入学金・授業料を減免するほか、返済不要の給付型奨学金を拡充。進学を支援するのが目的です。

なんとなくわかったようにも思いますが法律の文章はなんか難しいですよね。
特に大学受験を控えているお子さんがいらっしゃる親御さんにとっては切実な問題です。

ですからもう少し簡単に紹介しますね。


支援対象となる学校は?

大学・短期大学・高等専門学校・専門学校が支援対象となる学校ですね。

大学等の要件は国又は自治体による要件確認を受けた大学等が対象です。
○ 学問追究と実践的教育のバランスが取れた大学等
○ 経営に課題のある法人の設置する大学等は対象外

現在普通に経営している学校等はまず問題ないのではと考えられますがあまり聞きなれない学校などは経営状態を調べられた方が良いでしょうね。

ただ、支援などは別にしても一般的に大学などに進学するときは自分の行きたい学校があるでしょうからまずは自分の行きたい分野を選ぶことが大事なのではと思いますが。

支援内容は?

①授業料等減免制度の創設

これは文部科学省の表の方がわかりやすいと思いますのでご覧ください。

文部科学省HPより

下記のように入学金と授業料が減免されます。

私学では、上限70万円なので学校によっては少し足さなければいけないかも知れませんね。
国公立大学はほぼ全額が減免されます。

②給付型奨学金の支給の拡充

給付型の奨学金なので返す必要がないのがいいですね。

もちろん年額なのでこれだけでは足りないケースもあると思いますが少なくとも下記の分はアルバイトなどしなくても支援していただけるので勉強時間が増えますよね。

文部科学省HPより

支援対象となる学生は?

住民税非課税世帯 及び それに準ずる世帯の学生((2020年度の在学生(既入学者も含む。)から対象))

低所得世帯といってもいったいいくらぐらいの年収が対象なんでしょうね?

この法律では、住民税非課税世帯で世帯年収約270万円未満、それに準ずる世帯300万未満と380万未満が対象になり年収によって支援の条件が変わります。
(両親・本人・中学生の家族4人世帯の場合の目安。基準を満たす世帯年収は 家族構成により異なる)

下記をご覧のように非課税世帯約(270万円未満)は減免満額
~約300万円は住民非課税世帯の2/3
~約380万円は1/3の支援額となります。

文部科学省よりHPより

支援対象者の要件

○ 進学前は成績だけで否定的な判断をせず、レポート等で本人の学習意欲を確認

成績の場合は平均水準以上であることです。5段階でいえば3.5以上です。

ただ、成績が要件にクリアしていなくてもレポートの提出や面談等により
進学の目的(進学後の将来の展望を含む。)
進学後の学修継続の意志
がしっかりしていると判断された場合もOKです。

そして、卒業後2年以内の生徒についても、 卒業した高等学校等において学修意欲等を確認されれば対象者となります。

○ 大学等への進学後の学習状況に厳しい要件

大学や専門学校へ進学したいと思っていても経済的理由で断念する生徒やあきらめてもらうしかないと考えている保護者の方々がいらっしゃいます。

しかし、経済的に進学が難しくとも、明確な進路意識と強い学びの意欲が確認できれば、 高等教育へのアクセスの機会が得られるようにするのが今回の大学無償化法です。

ですが、勉強はしたくないがとりあえず進学しておこうかとか働くのいやだからなど中途半場な気持ちでこの制度を利用することはダメですよ。

なぜなら、支援者対象者には、修得単位数や学業成績に一定の要 件が設定され、それらの要件を満たさない場合には支援が打切りになります。

また、状況次第では支援した経費を返還しなければいけないなんてこともあるからです。

ですから、この支援を受ける学生さんは、修学に対する自覚と覚悟を持っていただくことが必要だということです。


この法律は低所得世帯にとっては良い法律なのかもしれません。
でも、世帯年収が400万や500万の方々にするとなんともやりきれない気持ちになるのではないでしょうか?

だって支援される学費や生活費を考えてみると低所得世帯よりもお金が少なくなることもあります。

「これって不公平だ!」ってことにならないといいのすが。
いゃ、たぶんそんな声は出てくるんじゃないかな。
支援する線引きが難しいですね。


さて、夏前には、高等学校などを通じた今回の支援への申込手続が始まります。
経済面で進学を躊躇していた生徒や保護者の方々よく話し合ってより良い進路を選びましょう。

年収や進学する学校等によってどれくらい進学資金がでるか下記でシミュレーションできます。

進学資金シミュレーター
https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp/

スポンサーリンク
おすすめの記事