内定取り消しコロナウイルスが理由!対応や補償はどうすればいい?
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの影響が様々なところにでていますね。
日常生活も制限や自粛でままならない状態の方がほとんどだと思います。

 

そんななか、今年から新社会人となる学生の就職内定が取り消しになる事態が起きています。
来年卒業ならまだしも、今春卒業の学生さんにとってはショック以外の何ものでもありませんね。

 

このまま泣き寝入りであきらめる?
新しい就職先を見つける?
いまからでは間に合わないと思いますよね。

 

でも解決の方法がまったくないわけではないようです。

 

うまくいけば内定をもらっている会社から補償してもらうこともできそうです。
どんな方法があるのか調べてみました。

 

 

 

内定取り消しコロナウイルスが理由!


少し前は来春就職予定の学生さんの就職活動のひとつ
合同説明会が新型コロナウイルスの影響で中止になったのは記憶に新しところですね。

 

しかし、現在はそれ以上に大変な事態が起こっています。
今春から就職が決まっていた会社から内定の取り消しをされる学生が増加中なのです!

 

リーマンショックや東日本大震災の時も同じようなことが起こりました。
今回の新型コロナウイルスの影響はそのとき以上に経済にダメージを与えているとも言われています。

 

それゆえに会社にとっても大変な事態なのですが
内定を取り消される学生にとっては
それ以上に今後の将来設計にも影響を与える一大事になっています。

 

確かに、実際新型コロナウイルスの影響で倒産した会社も増加中で
利益が激減している企業もものすごく多くなってきています。
そして、この状況がいつまで続くかもわかりません。

 

とはいえ、人手が足りないから、そして必要だから求人したのでしょう。
いくら先が見えないとはいえこの状況が一生続くことはないと考えられます。

 

内定するのにいい加減に人選したということはないでしょう。
会社にとって必要な人材だと評価したから内定を与えたのではないですか。

 

それなら、会社が大変なのはわかりますが
何か手立てがないか模索して、就職してもらうようにしていただきたいものですね。

 

それなのに、なかには学生の方から就職を辞退するように強要したりする企業もあるようです。
単純な考え方をするなら、そんな会社なら入らなくて良かったじゃないかと思います。

 

でもせっかく内定をもらい、この春から新社会人として
働けることにワクワクしていた気持ちを考えると
そう簡単に割り切れるものではないでしょうね。

 

対応や補償はどうすればいい?


内定取り消しになった学生はどのように会社に対応すればいいのでしょうか?
まず、内々定などと違い、内定の場合はその時点で会社と労働契約ができています。

 

ということは、本来簡単に内定取り消しなんてことはできないはずです。
もちろん、内定が決まっていた学生が学校を卒業できない場合は仕方ないですけどね。

 

ただ会社を相手に学生であるあなたが直接交渉などなかなか難しいと思います。

 

まず、すぐに相談できやすいのは、在籍している大学の就職課ですね。
毎年いろいろな就職のアドバイスをしているはずです。
いろいろなケースのノウハウもあると思います。
きっと力になってくれるはずですね。

 

次に、もめごとと言えばやはり弁護士ですね。
働く人の相談をしてくれます。
日本労働弁護団
ここのサイトは全国の問い合わせもありますが
エリアごとの連絡先もありますから
ご自身の近くのエリアへ連絡されるといいですね。

 

働く人の味方と言えば労働組合です。ここは最大の組織で有名な
日本労働組合総連合会(連合)
なんでも労働相談ホットライン
0120-154-052

 

厚生労働省の総合労働相談コーナー
今回の件は行政に手伝ってもらうのもいいかも知れませんね。

 

あと新卒に特化した行政サービスもあります。
新卒応援ハローワーク
全国に56箇所あるので、あなたのお住いの地域にもあると思います。

 

とにかく一人で悩まないで専門知識のある方にご相談されるのがいいと思います。
最悪、内定をもらっていた会社に就職できなくても、補償金などがもらえる可能性もあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事