マスク転売禁止で販売店が増えた?朝から並べば買える店もあるの!
スポンサーリンク

マスクの転売が禁止になり少しは普通に買えるようになりましたか?
まだ目に見えての効果はでていないような気もしますね。

 

ネットなどでは以前ほどびっくりするような高値では
売買されなくなってきていますね。

 

今回は、マスクが普通に販売されるようになってきているか
調べてみましたので紹介します。

 

時間があれば買えないこともないかも!

 

 

 

マスク転売禁止で販売店が増えた?


マスクの転売が禁止されて
正規というか、以前からマスクを販売していたお店にも
マスクの並ぶ数が増えたか?

 

残念ながら実店舗においては今のところはあまり変わっていないように感じます。

なぜなんでしょうね。
でもよく考えてみれば、店頭に並ぶマスクの数は
転売に関係なく少しずつではあるものの増えつつあります。

 

マスクの製造メーカーもフル稼働で製造しています。
今まで以上に供給量は増えています。

 

しかし、需要がそれ以上にあるということです。
これでは、いつまでたってもきりがありませんね。

 

ただ、懲罰のある転売の禁止を政令で決めたので
今まで転売をしていた中の何人かはこれを機にやめたかもしれません。

だって3月15日からマスクを転売し1円でも利益を得た場合は
懲役1年以下もしくは、罰金100万円以下になるんですからね。

 

ですからいままで、オークションやネット販売で転売していた人は
売り場がなくなり困っているかもしれません。

 

懲罰もあるし、売り場もないからやめた!という転売者もいるでしょう。

しかし、そんな人ばかりではなく悪知恵が働く転売者もいます。
マスクをおまけとして他の商品を通常の何十倍もの価格で販売したり
オークションにだしたりしています。
ですから、転売もまだ完全になくなったわけではありません。

 

もちろんネット上でも関連会社が
そういう販売方法やオークションなどしていないか調査はしていますが
なかなかすぐにすべての転売を見つけることは難しいようです。

 

ただ、今後はそのような販売方法も世間の目が厳しくなり
今までのような売り上げがなくなるかも知れません。
価格自体もひところよりも安くなっていますので
以前のような大儲けはできないでしょう。

 

なので、マスクの売れ行きが悪くなると
転売者も次のマスクを仕入れようとはしませんよね。
手持ちが多ければなおさらです。

 

ということは、そういう転売者が実店舗などで
マスクを仕入れることがなくなりますから
その分は他の人にも回る可能性があります。

 

少し気がかりなのは、地域によって在日外国人が自国に送るため
買いにくることもありえます。

 

そういうことも実際にありますから
転売禁止での購入者が減っても
その分がそういう外国人に行くと同じ事になります

 

ちなみに、今回の政令では外国に転売するのも懲罰の対象になります。
ただ、外国人が自分の家族や知人に送る分には難しいかな。
まぁ、抜け道はけっこういろいろありますね。

 

朝から並べば買える店もあるの!


では、実際にマスクはまったく買えない状態なんでしょうか?
いいえ、しっかり買えている人々もいます

 

そのかわり、朝にドラッグストアが開店する前から
並ばなければなりませんけどね。
それも、確実に毎回買えるとは限りません。

 

もう少しのところで売り切れたということもよく聞きます。

 

でも可能性はゼロではありませんし
実際に何回かに1回は購入できている人もけっこういます。

 

だいたい大手のドラッグストアならほぼ毎日入荷している店もあります。
もちろん、その日ごとに入荷数は違いますし
同じマスクばかりでもありません。

 

ただ心配なのは、まだまだ朝って寒い日が多いですよね。
予防のためにマスクが必要だと考えて並ばれるわけですが
それで風邪でもひいてしまうと本末転倒になります。

くれぐれもご無理のないようにしてください。

 

でも仕事などで朝から並ぶことなんてできない方も多いでしょうね。
ネットでは少し値段が落ち着いてきているとはいえ
通常の数倍から10倍の価格で販売されていますからね。

 

どうしても必要な方なら仕方ないですが
そうでなければハンカチをマスクにするなどの方法もあるので
品薄の期間だけでもそれでしのぐということも一つの手ですね。

 

どちらにしても、ウイルス感染の予防には手洗いとうがい
それに、外出時は顔を手で触らないようにする
これで、かなりの予防効果があるようですよ

 

なんとか終息するまで用心しましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事