佐々木朗希の甲子園2019への試合日程!wikiや両親を調査!彼女はいるの?
スポンサーリンク


夏と言えば甲子園の高校野球!
最近では昔ほどこの言葉も聞かれないようになってきましたね。

でも、今年の101回大会はあの大谷翔平選手を彷彿させる注目の選手が甲子園に登場するかも?


その選手の名前は佐々木朗希!

もうすでにご存知の方も多くいらっしゃるでしょうが球速163キロが話題になった投手です。


もちろん甲子園に出場するには
県大会で優勝しなければなりません。

いくらすごい選手でも1人では
優勝することは不可能ですからね。

しかし、甲子園に出場するしないは別にしても今年のドラフト会議の超目玉選手には違いありません。

そんな彼のことについて紹介しましょう。


佐々木朗希のプロフィール

名前 佐々木朗希 (ささき ろうき)

佐々木は読めても名前の朗希(ろうき)はどう読むのだろうかと迷う人もいらっしゃるでしょうが、そのままの読みでよかったようです。

出身地 岩手県陸前高田市

生年月日 2001年11月3日 (17歳)

身長 190cm

体重 81kg

ポジション 投手右投げ右打ち

陸前高田市立高田小学校3年生の頃から野球を始める
東日本大震災により大船渡市立猪川小学校に転校する。

大船渡市立第一中学校で軟式野球部

岩手県立大船渡高等学校1年からベンチ入り
2年秋からエース県大会4強

侍ジャパンU-18高校日本代表合宿中に球速163キロを計測。
計測器の性能がどうだったかということも取りざたされているが少なくともそれに近い速度はあると認識されている。



両親兄弟は?彼女はいるの

父は功太さん。母は陽子さん

佐々木選手の出身地が陸前高田市とあり、「はっ!」」とした方もいらっしゃるかもしれません。
そう東日本大震災で大きな被害を受けた町です。

その東日本大震災で父親の功太さん(享年37歳)が亡くなりました。
その後母親の陽子さんが女手一つで3兄弟を育てたということです。

兄は琉希さんは3歳上で同じ大船渡高校の4番打者だったようです。
ある意味功太さんが亡くなってからは彼が父親の分まで厳しく弟たちと接していたようですね。
現在東北学院大学の教養学部だそうです。

弟の怜希さんについては学校等等詳しいことは確認できていません。
兄二人が野球部ということで同じスポーツをしている可能性もありますが末っ子だけにいろんなことにチャレンジしているかもしれませんね。

ちなみに、陽子さんがどんなスポーツをするにも背が高いほうが良いと考え午後9時就寝の早寝教育をしていたそうですが母の想像以上に成長ホルモンを活性化させたようで190cmという長身になりました。

これってほんとと思われるかもしれませんが
岩手県では早寝する子は育つ。そんな説が口コミでじわじわと広まっているようなんですよ。

それが、約10年前というから現在の佐々木選手など岩手県の高校生は高い子が多いのかな。
甲子園では岩手県代表の選手の身長も見てみたいですね。

そんな高身長で顔もイケメンの佐々木選手ですが彼女はいるのでしょうか?
いろいろ調べましたが現時点ではわかりません。

ま、仮にいたとしてもこれだけ注目を浴びているとうっかりデートもできませんよね。
それよりも今は夏の大会前ということもありそんな暇もないかもしれませんね。

ちなみに、好みの女性のタイプは福田愛依さんだそうですよ。


佐々木選手の大船渡高校は甲子園に行けるのか?

中学時代にはもうすでに全国レベルの実力の持ち主であった佐々木選手が地元の県立高校を選んだ理由が「中学時代から一緒にプレーしている同級生たちと一緒に野球がしたい」ということらしく、名門私立高校の誘いをいくつも断ったようです。

先日も「この仲間と一緒に甲子園を目指すのは何よりの励みになった」と
高校入学後の日々を振り返ったコメントからも仲間を深く思う気持ちがわかります。

私の個人的な意見ですが、これはやはりあの東北大震災を実際に経験した人達が肉親や大事な人と別れ、悲しさ、寂しさ、悔しさ、不安ややりきれない気持ち、いやっ、それ以上の言葉では表せないほどの経験や思いをしてきたからこそ、仲間の大切さをみんながわかっているのではないでしょうか。だから仲間と一緒に甲子園!が励みになったと思います。


春の大会まえのインタビューでのコメントが朝日新聞に掲載されていました。以下

「地元の仲間と私学を倒して甲子園に行きたいと思った。このメンバーで勝つことに意味があると思った」。佐々木はそんな思いから、東日本大震災の被災地でもある地元の高校に進学したという。「公立高校でも頑張れば勝てるんだということを証明したい。勝てば岩手や東北を元気づけることができると思う。それが役目だと思う」以上。

こんなことを聞くとどうしても甲子園に出場してもらいたいと思ってしまいますよね。
でも、他高校にも同じような思いで甲子園を目指している球児は数多くいます。
現実には、甲子園はそんなに簡単に出場できる舞台ではありません。


岩手県大会は7月11日に開幕します。
初戦は15日の遠野緑峰と戦うことになりました。

順調に勝ち進めば準決勝で強豪の盛岡大付
そして、決勝ではあの菊池雄星、大谷翔平の母校花巻東と対戦する可能性があります。

もちろん相手も勝ち進んでのことです。
番狂わせがあるのが高校野球なので
決勝戦の試合終了になるまではわかりません。

どの高校球児もベストをつくして悔いのない試合をしてほしいですね。



佐々木選手はプロ野球選手になれるの?

大注目の佐々木選手ですがプロ野球選手になれるのでしょうか?
もうこれは、言わずもがなですよね。

大けがなど特別なことがない限りプロ野球選手になれます。
いや、それどころかメジャーリーグも夢ではないでしょう。

プロ志望をしたとすれば今年のドラフト会議ではひょっとすると、いままでで一番多くの球団が指名する可能性もあります。

ただ、先ほども申し上げたようにけがだけは気を付けてほしいですね。
あれだけ早い球を投げると言うことは体にかかる負担もそれだけ大きいということです。

今までも素質のある選手が、けがで野球を断念せざるを得ないなんてことも数多くありますからね。

しかし、大船渡高校の監督さんもそのへんはちゃんと考えられているようで佐々木選手の体調を十分考え出場させています。

そりゃ、日本のいや世界の宝になる逸材ですから大事にしないと。
それに、大船渡高校は佐々木選手だけが頼りではないのです。

完投能力のある好投手が佐々木選手も含めて4人いるのです。
だから、佐々木選手を休ませながら試合に出場できるのですね。


今後の佐々木選手がますます気になりますね。
来年の今頃はプロ野球選手として活躍している可能性は大ですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事