聖火ランナーで京都を走る!応募方法や資格と条件!募集日や日程は?
スポンサーリンク

2020年に開催される東京オリンピック!

少しずつではありますが盛り上がってきたみたいです。
オリンピック関連のCMも以前よりも目に付く機会が増えたように感じます。

これから来年の本番までもっともっと盛り上がることでしょう。
そして、7月1日より聖火ランナーの募集も始まりました。

こんな機会はめったにないので記念に走ってみようかなと考えている人も多いのではないでしょうか。

だって自分自身が住んでいたり仕事場や学校のある場所を聖火ランナーとして走れるなんて考えただけでもウキウキしませんか。

それに、沿道で声援する人たちもきっとたくさんいらっしゃいますよ。
まるでスターになった気分を味わえるかもしれませんね。

では、どうすれば聖火ランナーになれるのか?


聖火ランナーの応募資格

聖火ランナーの応募の要件として下記があります。

2008年4月1日以前に生まれた方。
ただし、2020年3月1日(聖火リレー開始月の初日)時点で、18歳未満の方は保護者の同意が必要ということです。

国籍、障がいの有無、性別は問いません。

走行を希望する各都道府県にゆかりがある方
これは、昔住んでいたでもいいです。現在の職場や学校がある方、家族や親戚が居住している方、過去に活動したことがある方など良いようです。

ま、でも地域で活動している人を中心に選定されるようですね。


ちなみに、京都府の聖火ランナー申請のHPに掲載されていた審査基準は下記になります。

対象:全ての人々
国籍、障がいの有無、性別、年齢のバランスに配慮しながら、幅広い分野から選定し、開かれたリレーとする地域で活動している人を中心に選定

■復興・不屈の精神(支えあう心)
日々の生活の中でも、家族、仲間、同僚などお互い支え合って、あきらめずにどんな困難にも立ち向かう人

(例)復興のために、地域コミュニティ再生に多大な貢献をした人

■違いを認めあう包容力(認めあう心)
様々な人々との違いを認めあいながら新たなものに取り組んでいる人

(例)様々な個性の子供たちのためのスポーツコミュニティを作り、多くの人が集う地域の拠点を作った人

■地域の人と移住者をつなげて、新たな地域ブランド構築に貢献した人祝祭による一体感(高めあう心)
聖火ランナーとして走ることで、地域の一体感を高め合うことができる人

(例)地域の伝統文化活動を縁の下で支えている人


ちなみに、走る距離は約200mだそうです。ま、多少の前後はあるようですよ。
走行日時・走行場所は、当選後に、東京2020組織委員会が別途指定します。


聖火ランナーの応募方法は

「各都道府県実行委員会」から応募できます。

京都府はこちらからです。
http://www.shinsei.elg-front.jp/kyoto/navi/procInfo.do?govCode=26000&procCode=1000461

走りたい地域も選べますが必ずその地域になるとは限りません。

京都府を聖火ランナーが走るのは2020年5月26日(火) ~ 2020年5月27日(水)です。

この他にも、

東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーである「日本コカ・コーラ株式会社」、「トヨタ自動車株式会社」、「日本生命保険相互会社」、「日本電信電話株式会社(NTT)」の4社から応募可能です。

ですから、それぞれ1回ずつ申し込めますのでチャンスは5回ということですね。

募集期間は2019年7月1日(月)から8月31日(土)までです。お忘れなく。

その他の都道府県の応募先はこちらです。
https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/torchbearer/



聖火ランナーの当選はいつわかるの?

聖火ランナーの当選は2019年12月(予定)以降、順次、応募先から、速報として当選の連絡がくるそうです。その後、東京2020組織委員会から正式な当選通知がきますよ。
また、それ以降に当選が決まった方への連絡は、東京2020組織委員会から行います。

聖火ランナーは、当日自分が持った聖火リレー用トーチを買うことができるんだって。
これかなり記念品としていいんじゃないですか。

ただ、購入価格や購入方法については、当選後に別途ご案内となっていますねから値段と相談ということになりますかね。



聖火ランナー京都のルートは

京都府|東京2020オリンピック聖火リレーHPより


1日目が赤
京都府の聖火リレーは、府北部の京丹後市から出発します。
それから南に向かって宮津市、舞鶴市、綾部市、福知山市、長岡京市、の順番にリレーした後、亀岡市の京都府立京都スタジアムで1日目のセレブレーションがあります。


2日目は、宇治市から出発し、宇治田原町、城陽市、木津川市、精華町、京田辺市、八幡市、久御山町と府南部をリレーした後、京都市で岡崎公園でセレブレーションがあります。


その他の都道府県のルートはこちら
https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/map/

走る距離も200mほどなので参加しやすいですよね。
一生の記念にもなるし応募者も多いかも知れませんね。

8月31日までなので聖火ランナーになりたいと思っている人は忘れないうちに申し込んだ方がいいですね。

京都府はこちらからです。
http://www.shinsei.elg-front.jp/kyoto/navi/procInfo.do?govCode=26000&procCode=1000461

その他の都道府県の応募先はこちらです。
https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/torchbearer/


こちらからも応募できますよ。

「日本コカ・コーラ株式会社」

「トヨタ自動車株式会社」

「日本生命保険相互会社」

「日本電信電話株式会社(NTT)」

スポンサーリンク
おすすめの記事