小林良太のwiki!イケメン吉本興業の顧問弁護士で役員の給料の金額は?
スポンサーリンク

宮迫さん田村亮さんの謝罪会見に続き吉本興業の岡本社長が謝罪会見を行った。

宮迫さん田村亮さんの涙の謝罪会見で完全に潮目が変わった感じが否めないですが
会社としてどのように説明するのか注目があつまる会見となりましたよね。

ただ、意外なことに闇営業問題から両氏の涙の謝罪会見までを
時系列で説明された吉本興業ホールディングス執行役員法務本部長の
小林良太氏がひそかに話題になっているようですよ。

実は弁護士だった

この小林良太氏は吉本興業の役員ですがどうやら弁護士でもあるらしいのです。

写真を見るかぎりまだ若そうなんですが優秀なんでしょうね。
ツイートなどでは、イケメンなんてコメントもありました。
まぁ、これは好みなのでなんとも言えませんがね(笑)

経緯を説明する中でご自身が話し合いの場に何度か立ち会っていたことがわかりましたよね。
ただし、別に顧問弁護士2名も立ち会ったと説明があったので、この闇営業問題での話し合いにおいてどちらの意見が重視されたかは定かではありません。

もっとも相手のいることですし、なにより最終的には社長や会長が判断するのでしょう。

でも最初登壇されたときはなんかめっちゃ怖い顔しているように感じたのは私だけでしょうか?
もっとも緊張されていただけかもしれませんがね。

深々とお辞儀をされましたのですがけっこう長い時間されていました。
会社としての反省の意味を込めてなのかな?

細かなプロフィールはわかっていません。
いろいろ調べてみるとまず弁護士として間違いないみたいです。
吉本興業のサイトをみると株式会社よしもとミュージック取締役に名前が掲載されていました。

気になるのはその給料の金額です。
吉本の芸人が直での仕事をするのは、会社を通した仕事の収入が少ない分を補うために仕方がないことといわれています。

それだけに、社員である小林氏がどれだけの給料をもらっているのか?
社員といっても役員でしかも弁護士ですから通常よりも多と思われます。

ただ、いろいろ調べて見ましたが吉本興業の給料って社員でもわかりにくいですね。
ま、でもテレビにいつもでている中堅クラスの芸人よりははるかに高いでしょう。

経緯説明での違い

宮迫さん、田村亮さんの謝罪会見での発言と吉本興業の記者会見での経緯の説明でところどころ違いがみられましたね。

その意見の違いには賛否両論ありますがこれはどちらの立場になるかによってまったく違う感覚になるのではないでしょうか?

宮迫さん、田村亮さんの方につけばひどい、かわいそうだと思うでしょうし
吉本興業という会社の立場になればもともとうそをついた両氏が悪いとなりますよね。

だから、吉本興業の経緯の説明を吉本興業の立場で聞いてみると
そんなにおかしいことを言っているようには思えません。

ただ、一般的に「お前ら首や」とかはちょっとまずいですね。
でも、これってこういうものの言い方しかできない人っているんですよね。
いけないことなんですけど。

私はこういう人が身近にいましたからなんとなく分からるような気がします。
もちろん、岡本社長の言った説明が本当だとしたらですよ。

でもこの社長の話をきいていると大きな会社の社長というよりは
いわゆる個人商店のご主人という感じがしますね。

そもそも

でも今回の件ってそもそも宮迫さんが主となりうその報告を会社にしたからではないのでしょうか?

会社としては、もらっていないということを信用して各方面へ弁解や説明をした後に「実はお金をもらっていました」ではたまりませんよね。

多分本人たちはうそをついていたことが苦しくて早く皆さんに謝罪したいという気持ちが強かったんでしょうね。
でも肝心なことにうそをつかれると、会社としては、まだ他にもうそがあるのではと疑心暗鬼になるのはわかります。

そんな状況で記者会見をして、記者の方々からどんな質問がでるかわかりませんよね。
例えば、まだ他にも反社会的勢力への闇営業があるのではとか。そういうネタを持っているとか。

先日の涙の会見では、どちらかというと謝罪会見というより謝罪会見ができなかったのは吉本興業のせいなんですということを説明したかった会見みたいになっていましたよね。

確かに涙ながらの会見を聞き気の毒とは思いましたし、会社もひどいこというなとも思うこともありましたがそれ以上にうそをついていたことを早く謝って気持ちを楽にしたいということだったのかなとも感じられます。

でもあの会見の後、なんか反社会的勢力からお金をもらったのにもらっていないといったうそがチャラになったような感じにコメントしているタレントを見ているとそれは違うだろという思いはありますね。

ま、でももっと不思議なのは5年も前の話がなぜいまなんでしょうね。
結局悪い事はできませんねということなんでしょう。



スポンサーリンク
おすすめの記事