宮澤崇史ってどんな人!24時間テレビドラマ放送は何時から?
スポンサーリンク

毎年恒例のチャリティー番組「24時間テレビ愛は地球を救う」ですが2019年8月24日(土)に放送されます。

いつも放送前はマラソンランナーは誰か?なんてことが話題になりますよね。

もちろん気になるところですが、それ以外にも話題になるのが24時間テレビスペシャルドラマです。

なんでも、今年は実話をもとに嵐の相葉雅紀さんが主演をされるといことです。
そして、その相葉さんの中高生時代役を演じるのが「なにわ男子」の高橋恭平さんということですからジャニーズファンにとっても楽しみなドラマになりそうですね。

ところで実話をもとにしたドラマということなんですが、そのモデルとなった宮澤崇史さんっていったいどんな方だか詳しくご存知ですか?

ドラマを見ればわかりますが、その前に少し調べてみました。

それと、このドラマが放送される時間や共演者についてもお知らせしますね。


24時間テレビスペシャルドラマ「絆のペダル」のモデルは?

宮澤 崇史(みやざわ たかし)

愛称:ブラーヴォタカシ

生年月日:1978年2月27日(2019.7月現在41歳)

身長       164cm

体重       61kg

出身地:長野市

長野県長野工業高等学校出身

元 自転車プロロードレーサー(2014年引退)

現 リオモ・ベルマーレ レーシングチーム監督

3歳から自転車に親しんだそうですよ。
子ども時代は勉強をするよりも野山を駆け回っていたとのこと。

そして、中学生の時にテレビで観た「ツール・ド・フランス」に感動し、プロの自転車選手を目指すようになったそうです。

これって不思議ですよね。同じように「ツール・ド・フランス」を毎年ご覧になっている方がいてもみんながプロの自転車選手を目指そうとは思いませんよね。
こういうのってホント運命的な出会いってことでしょうね。


宮澤さんは、父親を早くに亡くしているそうです。
その後、女手一つで生活を支えたのが母親の純子(じゅんこ)さんです。

純子さんの協力もあり自転車競技に邁進、高校生の時にはシクロクロスの世界選手権に出場をはたしたそうです。

すでにこの頃から将来有望な選手だったんですね。

ちなみにシクロクロスとは、オフロードで行われる自転車競技のことです。

そして、高校卒業後に渡欧してイタリアのチームに所属しました。

いよいよロードレーサーとしての道を歩み始めたのです。

しかし、21歳の時に母親の純子さんが余命1〜2年と宣告され、ドナーとして生体肝移植手術を受ける決断をしました。

このとき母自身は「移植手術を受けなければ死に至る」と宣告されながら、息子の選手生命への影響を気遣い、手術を受けないつもりだったといいます。

女手一つで子どものために頑張ってきた母親の気持ちと、女手一つで自分の好きなことをさせてくれた母親への息子の気持ち、どちらも痛いほどわかります。

そして、どちらの気持ちもわかるからこそこの難しい判断は結果がどうであれお二人にとっては正しい選択だったといえるでしょう。



ただ純子さんが予感したように、術後はやはり体力も低下して成績が思ったようにいかず、戦力外通告を受けることになります。

しかし、ここであきらめることはありませんでした。
単身でフランスに渡り、なんとアマチュアチームから再スタートしたんです。

そして努力の甲斐があり、見事にプロに復帰しました。

その後は、アジアチャンピオン、北京オリンピック代表になるまでに活躍し、32歳の時には「全日本選手権ロードレース 」優勝と日本チャンピオンのタイトルを獲得。

34歳で世界最高カテゴリーの名門プロチーム「サクソバンク」に所属。

在籍中にリーダージャージ(個人総合時間賞)・ポイントジャージ(スプリントポイント賞)に日本人選手として初めて袖を通したんです。すごいですね。

18年間の海外レース活動を経て、2014年に36歳で引退されました。
現在はリオモ・ベルマーレ レーシングチーム監督です。

そしてレース解説、選手育成、自転車イベントの出演など自転車競技の発展に努められています。

生体肝移植の専門医が「生体肝移植を受けてトッププロまで復帰したほぼ唯一の例」と言われているように単に競技に復帰やプロに復帰でもすごいのにトップクラスまでの復帰に成功したことは、ほんと世界で唯一のアスリートですよね。

宮澤さんのすごいところは、その経験を生かして、教育や医療分野での講演会、チャリティー活動を多数行なっているってことです。

いままでにも宮澤さんのこの生体移植からトッププロに復帰したお話はテレビで何度か紹介されたことがありますが、病気やけがで自暴自棄になっているアスリートの励ましにもなるのではないでしょうか。



絆のペダル出演者

ほんとざっと簡単に経歴をみただけでも大変興味深く魅力のある人物の宮澤さんです。
今までの人生の中で、その時々にそれぞれの思いがあったことでしょう。

ドラマではそういう心の機微までうまく表現できていればなと思いますよね。

そんなドラマですが、冒頭でも紹介しましたが主人公である宮澤 崇史さんを演じるのは、あの嵐の相葉雅紀さんです。

そして、その相葉さんの中高生時代役を演じるのが「なにわ男子」の高橋恭平さんです。

ジャニーズつながりということで顔つながりではないようですね。(笑)

そして、宮澤 崇史さんの母親純子さんを演じるのは薬師丸ひろ子さんですね。

最近はすっかりお母さん役が多くなっています。
私なんかは、やっぱりセーラー服と機関銃や野生の証明などかわいいころの薬師丸さんを思い出しますね。

いつの話?と言われそうですね。(笑)

そして、ドラマオリジナルキャラクターとして波留さんが椎名優希(しいな ゆうき)役で出演しています。レースチームのマネジャーの役みたいですね。

同じく、ドラマオリジナルキャラクターとして田中圭さんが新谷圭吾(しんたに けいご)役で出演しています。彼は、相葉さんのライバルという役です。

そうそうたるメンバーで面白そうですね。
しかも、実話をもとにつくられているドラマですから重みがあります。

でも、レーサー役の相葉さんや田中さんは大変でしょうね。
まだまだ若いとはいえ自転車でけっこう走らないといけませんからね。

本番だけでなく練習もちゃんとしなければ自転車で走る姿がかっこよく見えませんからね。
特にスピード感のあるレースの場面なんかは難しいでしょうね。

なんといっても、トッププロですからいくらドラマとはいえそれなりの走りをみせないといけませんよね。
ドラマ撮影までかなり練習されたんじゃないかな。

でも意外と体が引き締まって良かったなんてことになっているかもですね。
さぁ、どんな出来上がりになっているのか早く見てみたいです。

放送は2019年8月24日土曜日の夜9時頃の予定です。

この9時頃の頃が24時間テレビらしい表現ですね。
コーナーによって微妙に時間がずれたりしますから仕方ないかな。

スポンサーリンク
おすすめの記事