立花孝志(N国党)家族はいるの?離婚しているが娘と息子がいます!
スポンサーリンク

参議院選挙以降テレビや新聞雑誌等々メディアでなにかと取り上げられいる「NHKから国民を守る党」の立花孝志(たちばな たかし)党首ですが、当選後もその発言は物議を醸しています。

ここ最近でもタレントのマツコ・デラックスさんや週刊文春などにも噛みついていますね。

立花さんの情報発信の武器でもあるYouTubeで過激に非難されています。

直接政治には関係ないこと?まぁ、まったく関係ないかといえばそうでもないですが、本来のNHKをぶっ壊すとは違うことでもめています。

この立花さんですが、選挙を境に全国的に有名になったのであなたもご存知かもしれません。

でも、かなり前からネットではそれなりに知名度があったんですよ。
じゃぁ、いったいいつ頃から世間に認知されてきたのでしょうか?

調べてみたのでお知らせしますね。

立花孝志(たちばな たかし)プロフィール

1967年8月15日生まれ

本籍地 大阪府泉大津市

1986年 3月 大阪府立信太高校 卒業

1986年 4月 NHK入局 和歌山放送局 庶務部に配属

1991年 7月 NHK大阪放送局 経理部に異動

1992年 7月 NHK大阪放送局 放送センター(編成)に異動

1998年 7月 NHK本部報道局 スポーツ報道センター(企画・制作)に異動

2004年 7月 NHK本部編成局(経理)に異動

2005年 4月 週刊文春でNHKの不正経理を内部告発

2005年 7月 NHKを依願退職

2005年 8月 フリージャーナリストとして活動開始

2011年 11月 インターネットテレビ「立花孝志ひとり放送局」の放送を開始

2012年 9月 立花孝志ひとり放送局(株)を設立し初代代表取締役に就任

2013年 6月 政治団体【NHKから国民を守る党】初代代表に就任

2015年 4月 千葉県【船橋市】議会議員選挙 初当選

2016年 7月 東京都【知事】選挙に立候補【NHKをぶっ壊す!】が流行

2017年 11月 東京都【葛飾区】議会議員選挙 当選

2018年4月 埼玉県さいたま市に本社を置く芸能事務所「渡邉エージェンシー」と専属契約

2019年5月 大阪府堺市長選挙に党公認で立候補(これに伴い葛飾区議会議員を失職)。落選。

2019年7月21日投開票の第25回参議院議員通常選挙に比例区から立候補し当選

同時に同党は政党要件を満たしたため、国政政党の党首となった。

正直今回の選挙で政党要件を満たすほどの得票があったのは驚きもありました。
NHKの放送受信料の件をはじめ他にも訴えたり訴えられたり裁判も数多くしていますからね。

でも、本人のYouTubでの発言や登録数などからも当選することも計算通りということで闇雲に出馬したことでもないようですね。

今回の参議院選挙では、NHKの問題だけ、いわゆるワンイシュー(問題点や論点などが一つであること)で当選させていいのか?ということも言われています。

しかし、丸山穂高衆院議員を加えて国政2人、地方は東京13、千葉7、兵庫3、埼玉2、北海道1、栃木1、新潟1で計30議席となりました。

それに元みんなの党代表渡辺喜美さんと2人で参議院議員の会派を組むことになり会派名は「みんなの党」代表には渡辺さんが就きました。

NHKの職員だった

もうご存知の方も多いと思いますが、もともと立花さんはNHKの職員だったんです。

本人が言っていたのですが35歳で年収1200万円ももらっていたそうです。
めっちゃ給料良いですよね。しかも高卒でですよ。

でも、この2年後の37歳の時に内部告発をして依願退職したそうです。

この時は当時の奥様にも大反対されたそうですが、そりゃそうですよね。
年収1200万円が0円になるんですからね。

でも内部告発を決める前は、精神的におかしくなっていたそうです。

というのも、NHKの不正経理が問題となり立花氏はその処理に追われていたそうです。
そして、不正にお金を使っていたことがばれている職員だけを処分し他にもかなりの数の不正をしていた職員は表にださないようにすることを上から指示され、これでいいのかと疑問をもったようです。

結局、週刊文春に内部告発が掲載されることになりました。

で、それが大きな原因で離婚もされたそうです。
ま、奥様の気持ちもわかないでもないですね。

家族は娘と息子さん

離婚された奥様との間には、娘さんと息子さんがいました。
いまでも交流はあるようです。

娘さんの名前は「くみ」さんというそうです。
漢字はわかりません。

現在26歳で身長が174cmと高いですね。

息子さんは、娘さんと年が離れているようで11、2歳ほど年下のようです。
息子さんについては情報があまりありませんでしたが、娘さんはYouTubにも登場しています。

もっとも顔はだしていません。

ちょっと変わった娘さんで中学高校をほとんどいかずに薬剤師試験に合格したそうで、かなり頭が良い娘さんです。

その分、変り者なんですかね。天才型というのでしょうか。

くみさんが中学1年のときに立花さんがNHKを止めたので苦労をかけたようです。
中学2年に東大阪に転校してからは不登校になったようです。

高校も1年の1学期に止めたそうですが、高校認定を取得し大学は入学。
これも変わっていて、近畿大学の法学部に3年いってから青森の薬科大学へ入学したんですよ。

そして、薬剤師試験合格ということです。

立花さんは、このことがとてもうれしかったようです。
わざわざ娘のくみさんをYouTubに出演させてまで一緒にお話をされていました。

これまでの立花家の経緯などを懐かしがったり、またその当時の場面ごとの心境などをお互い話していましたね。

そして、このYouTubeの会話からは、立花さんがくみさんをいかに愛しているかがわかりました。

いつもの強気な発言というか偉そうなもの良いとは違いやさしい口調で終始話しているのを聞くと意外な一面もあるのだなと感じました。

今後もまだまだその発言や行動が話題を呼びそうですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事