加陽麻里布(かようまりの)のwikiやプロフィール!性格は?年収は?
スポンサーリンク

加陽麻里布(かよう まりの)さんと聞くと誰だかすぐわかりますか?

東京の人ならすぐにわかるかもしれませんね。
特に足立区の人ならかなりの方がご存知だと思います。

それ以外のひとでも写真や今年の統一地方選挙の足立区での出来事と言えばぴんとくるかもしれませんね。

そして、この度なにかと話題を振りまいているN国党の立花 孝志 さんと正式にお付き合いしていることを発表されましたね。

あの立花さんと付き合っているというだけで、ちょっとどんな人物だかしりたくありませんか?

なので、調べて見ました。

加陽麻里布(かよう まりの)のプロフィール

1992年08月29日

性別:女性

血液型:AB

居住地:東京都

高校:通信教育

性別については、男性では?なんてことがネット上の情報ではありましたが本人のプロフィールにも性別女性となっていますので女性で間違いないでしょう。

選挙にも立候補しましたから、うそはダメですからね。

出身地がはっきりわかりませんでしたが千葉県ではという情報がありました。
真偽はわかりません。

高校は通信教育だったそうですよ。ご自身がインタビューで答えていました。
だから、信用を得るために資格が欲しかったので司法書士を目指したそうですよ。

しかし、いくら目指したからと言ってなかなか本当になれるものではありません。
それなのに、彼女はかなり頭脳明晰なんでしょうね。それに芯が強い方なんだと感じますね。

こうと決めたらあきらめずにがんばる!だからかな男性なんていう噂があるの。
性格的なものなんでしょうね。私も少しはがんばりを見習いたいものです。


株式会社リーガルという法律家専門家向けのソフトウェアを扱っている会社のサイトで「先輩司法書士の声」というコーナーでインタビューに答えているのを見るとほんとうにしっかりされている方なんだなと感心しました。

事務所名を決めた理由はなんですか?という質問には

将来、事務所を法人化したいとずっと思っているので、法人化したときに見栄えがする名前、なんかやってくれそうだなと思われる名前にしようと考えたんです。


株式会社リーガル

株式会社リーガル

ということでよくある自分の名前が入った事務所名は除外したそうです。
ちなみに、「あさなぎ司法書士事務所」という名前です。

どんな思いで開業しましたか。という質問には

やるからには絶対日本一になりたいと思って開業しました。

株式会社リーガル

やっぱり目標が大きいな。

事務所業務として工夫されていることはありますか。という質問に

他の事務所と差別化するためにSNS やYouTubeを活用しています。

株式会社リーガル

とありますが、このへんで立花さんと出会うきっかけになったんですね。

そして、彼女のすごいところは司法書士の合格年度が平成29年で開業年度平成30年なんです。
実質6カ月間の勤務というから驚きです。

漠然と3年やっているのと、9月に独立しようと思って6カ月勤務したのとでは、密度が違うと思っています。とは本人のコメントです。

そして、苦労話はありません。超ポジティブなんで(笑)だそうです。

株式会社リーガル


気になる年収ですが、開業するときに知り合いから100万円借りてきて開業したそうです。平成30年開業ですから、まだそんなにたっていないのでびっくりするほどは稼げていないのではと考えられます。

が、テレビやYouTubeなどメディアをうまく使っておられるのであっという間に高収入じゃないですか。
儲ける要素は大いに持っていそうですから。

NHKから国民を守る党から出馬

2019年5月27日開票の東京都足立区議会議員選挙にNHKから国民を守る党から出馬しました。

5,548票を集め当選!と普通ならこれでめでたしめでたしなんですが、足立区選挙管理委員会が「投票を無効とした」と発表したんですよね。

これ、けっこうテレビのニュースでもやっていたので名前や顔までは覚えていなくても「あっ、あのときの人か」と思う方もいらっしゃるのではないかな。私はそうでした。

でも、なぜ5,548票も獲得している立候補者の投票が無効なんでしょうか?

57人が立候補し、45人が当選するんですが、彼女はなんと8位なんですよ。

実は、足立区選挙管理委員会によると、まりのさん(漢字難しいので)は足立区に住民票を置いてなかったんです。

届け出された住所は足立区内のカプセルホテルだったようなんです。
それで同委員会は調査に乗り出していたそうなんですが、居住実態がないと判断したとのこと。

なんでも公職選挙法では、区議の被選挙権について3か月以上住所を置くことを定めているそうで、だから得票はすべて無効となった。

でも8位ですよ。

投票所まで足を運んで入れてくれた足立区民の5,548票が無効票になるとはなんかよくないような気がするんですけど。

それなら、届出があったときにもっと詳しく調べるとかすれば5,548票は無効票にならずに他の候補に投票されていたのにと思いたくなりますよね。

自分が支持した候補者が当選するには票が足りずに落選ならまだ納得しやすいですがこういう形では投票された方は気持ちがもやもやしたままになったまま時が過ぎていることでしょう。

どちらにせよ、加陽麻里布(かよう まりの)さんと立花さんのカップルはなにかと話題を提供してくれそうですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事