イートイン脱税って何?罰則や罰金はあるの?逮捕される!
スポンサーリンク

2019年10月1日より消費税増税が開始されました。
1ケ月が過ぎましたが、やはり当初から懸念されていた問題が浮き彫りになってきました。

それは、軽減税率です。
政府も対象店舗のレジ―などに補助金をだすなど対応してきましたが、結局思うようには事は進んでいないようです。

消費税増税についてはいろいろな問題があるのですが、いま話題になっているのは「イートイン脱税」と言われているものです。

脱税って言葉は聞いたことがありますが、「イートイン脱税」はいままで聞くことがなかったのではないでしょうか?

しかし、消費税増税がはじまってからこれが問題になっています。
このイートイン脱税はイートインが出来るお店で起こることですが、お客さんも若い方が多いこともあり、もし見つかれば罰則や罰金、ひどければ逮捕もあるのと心配の声があります。

店舗側もこの問題に苦慮しているようです。

今回は、イートイン脱税について調査しました。

イートイン脱税とは何?

イートイン脱税と言う言葉がニュースなどで出てくるようになりましたが、いったいどういうことをさすのでしょうか?

これは、軽減税率が関係しています。
今回の消費税増税は8%から10%になることはあなたもご存知かと思います。
ただ、食品や飲料水となぜか新聞は増税されず8%のままになりました。

これ自体は、まぁ増税にならないから良いように思うのですが食品や飲料水でもケースによっては10%になります。

そのケースとは、お店で食べたり飲んだりするときです。
ですから、例えばハンバーガーショップでハンバーガーを購入して持って帰ったり、店をでて公園のベンチなどで食べる場合は8%です。
でも、ハンバーガーを買った店内や敷地内にあるベンチなどで食べる場合は10%になります。

たった2%の差

その差はたった2%です。
例えば100円のハンバーガーなら2円差です。

ま、たいしたことない金額と言えばそれまでなんですが、塵も積もれば山となるで人数や回数によってはそこそこの額になることもあります。

店舗自体も2%をもらいそこねたとしても別に影響はありません。

しかし本来は入るはずの税金は2%減ります。
しかも全国でこういうことが多くなれば年間を通してけっこうな額になります。
税収が本来予想されていた額よりも少なくなるということですね。

軽減税率対象の店舗も困っています

消費者もそうですが、それ以上に困っているのは店舗かもしれません。

持ち帰り用として購入したにもかかわらずお店のベンチに座って食べるお客さんがけっこういるらしいんです。
ですから、ベンチを撤去したそうですが、10%払っても座って食べたい人にとっては迷惑な話ですね。

ただ、持って帰ると言ってベンチで食べるお客さんの気持ちもわからないではないです。
同じものですからちょっと離れたところで食べるのと変わらないですもんね。

しかし、お店としては2%分多く代金を支払って店内で飲食してくれるお客さんにに申し訳ないということでベンチを撤去したそうですが、同じ商品で税率が変わる制度はできればやめてほしいと切実に話しています。

確かに、こういう対応をしても結局お客さんにクレームをつけられるのはお店ですからね。
踏んだり蹴ったりです。

かといって、ベンチに座って食べているお客さんに税率がかわるのでもう一度精算してくださいなんて言えませんよね。
言えたとしても、もめることになるかも知れません。
それに、店側としてはお客さんにあまりきつく言えませんよね。

ある店では、ちゃんと10%払って店内で飲食していても、8%としか払っていないお客さんが混じっていると自分もそう思われているのかと気にする方もいらっしゃるようで、カップに目印をつけて店内用と持ち帰り用を区別しているそうです。

でもそんなこと気にしないお客さんがいるのも事実です。
決済さえ済ましておけば後は関係ないということでしょうね。
まぁ、個人のモラルの問題でしょうが今回の税率に関してはこういうイートイン脱税をする人が増えるのもわからないではないです。

誤解しないでください。税金は正直にしなければいけません。
決してまねしてくださいというわけではないですよ。

結局、各店舗任せになってしまっていることがいけませんね。
こんなあいまいなことではこういう事態になることは誰しもがわかっていたことなのに。

イートイン脱税がばれると罰則や罰金、逮捕はあるのかな?

いまのところ、明確な罰則があるとは聞いていません。
脱税は罪ですから、額が少なくてもイートイン脱税も脱税にはかわりありません。
しかし、これを取り締まる線引きが難しいでしょうね。

だって本人が支払いの時には持って帰って食べようと思ったけど、店を出た瞬間やっぱり店内で食べようと気持ちが変わったと言ったときどうなるのでしょうか?

いったん店を出てからしばらくして戻って食べたとしたらどうなるのか?
逆もありますよね。
支払いの時は店内で食べようと思ったけれど、店内が混雑して騒がしかったので家に帰って食べることにした場合8%に戻してくれるのか?
これは、各店舗によって対応が違うようです。

でも法律上どう解釈するのでしょうか?
店がその旨を但し書きにして提示しておけばそれでいいのでしょうか?

こういういろいろなケースにいちいち警察や税務署が対応できるか疑問です。

今は、イートイン脱税をして、罰則や罰金もちろん逮捕された人も聞いたことはありません。
しかし、これから悪質なケースやイートイン脱税が当たり前のようになってしまえば罰則など法整備もあるかも知れません。

でもお店もこんなことでお客さんが減るのも売り上げに響くこともあり告発しにくいでしょう。
まったくなんともおそまつな軽減税率です。

スポンサーリンク
おすすめの記事