國母和宏(スノボ)今の仕事は?どこに住んでいるの?結婚してる!
スポンサーリンク

残念な報道がありました。
もうあなたもご存知かも知れません。

オリンピックの2006年のトリノ大会と2010年のバンクーバー大会に男子ハーフパイプで2大会連続で出場した、スノボ元日本代表の國母和宏さん、いや、容疑者が大麻取締法違反の疑いで逮捕されたそうです。

なんでも大麻を密輸したとしての逮捕のようです。

ほんと残念ですよね。
2大会連続のオリンピック選手ですよ。
なんでこんなことになったのか?

そういえば、最近かれのことは話題になることがありませんでした。
現在彼が何の仕事をして、どこに住んでいるのかや
それこそ結婚なんかもしているのかな?
今回の逮捕で彼がいまどんな生活をしていてこんなことになったのか調べてみました。

ただ、今はまだ疑いがもたれているということなのです。
でもまぁ、逮捕ですからきびしいかな。

國母和宏容疑者が現在何をしているのか仕事は?

NHKNEWS WEB

冬季オリンピックを2大会連続で出場し2回目の2010年にカナダのバンクーバーで開かれた冬のオリンピックで、スノーボード・ハーフパイプに出場して8位に入賞しましたよね。

バンクーバー大会のあとは、指導者やプロスノーボーダーとしても活動していたそうですよ。
指導者としては、コーチとしてオリンピック2大会連続銀メダルの平野歩夢選手などにも指導していたそうです。

ということは、コーチとしても優秀だったんでしょう。
これからも、もっと若い人を指導してオリンピックのメダリストを増やしてほしかったですね。
もし今回の逮捕の報道内容が事実であれば、猛省してまた若い選手を指導できるようになればいいですね。

國母容疑者は、全日本スキー連盟によりますとここ数年は連盟に選手としての登録はしていなかったようです。

アマチュアではなくプロのスノーボーダーなどとして活動していたのではということです。
まだまだ選手としてもプロのパフォーマンスを見せるだけの力はあるのでしょう。

急斜面の雪山をスノーボード で滑りそれを映像化している仕事をされています。
すごい迫力ですし、やっぱりスノボのテクニックすごいですね。

そりゃぁそうですよね。
なんたって、オリンピック2回連続出場ですから。
それに、US OPENでも優勝しているくらいの実力者でしたから。

國母容疑者は結婚してる?どこに住んでいるのか?

國母容疑者は、1988年8月16日生まれの31歳です。
結婚していても全然おかしくない年齢です。
そして、結婚していました。

今から10年前の2009年11月16日彼が21歳のときに3歳年上の一般人女性と結婚しています。
そういえば、当時話題になっていました。学生結婚だったですね。


男性としてけっこう早い結婚でしたね。
一時はカリフォルニア州サンクレメンテの自宅で暮らしていたそうですが、現在は北海道に自宅があるようです。

なんと総面積500坪というからすごい広さです。
その中にログハウス風の家を建てて住んでおられます。

そして、一男一女と奥さんの4人家族です。

これらは2017年8月にTBSの「消えた天才~一流アスリートが勝てなかった人大追跡SP~」で放送された内容ですから、現在も変わっていないかは不明です。

が、もし4人で同じように暮らしているのなら今回のことで影響を受けるでしょうね。
特にお子さんが心配です。


10代のころからスノーボードの国際大会で活躍していた彼ですが、バンクーバーに到着した際の服装についてというか、選手団の公式ウェアの着方について批判がありました。

まあ、簡単に言えば着方がだらしないということでした。
若者風にアレンジしてきてしまったがために批判されることになったんです。
これに関しては賛否両論ありましたが、けっこうバッシングされていました。
大会に挑む前だけにいろいろ精神的にも良くなかったと思います。

それが原因かどうかわかりませんがメダルはとれず、8位入賞にとどまりました。
これでもすごい成績だと思いますが、メダル有力といわれていただけに服装もかさなりオリンピックが終わってからでもいろいろ言われていましたね。

これをきっかけに全日本スキー連盟では、代表選手の行動の指針となる独自の行動規範を定めたようです。

でも彼って東日本大震災の時も現地にいってボランティア活動をしたり、友人のプロスノーボーダー選手が難病にかかったときは、選手仲間と一緒に募金活動をしたりと本当は心優しい青年なんです。
それだけに今回の逮捕は残念としかいいようがありません。

今回の逮捕は、捜査関係者によると、海外から大麻を持ち込んでいるという情報があり捜査を進めていたということですから以前から持ち込んでいたのかもしれません。

海外では大麻が合法な国もあるので、海外での生活が長いと大麻を所持していることの罪悪感がないのでしょうか。ま、 確かに合法のところだと何の問題もないのですから。

でも、日本では違法というのは彼も知っているはず。
そのへんは注意すべきではなかったのでしょうか。

服の着こなしがだらしなくても、やるときはちゃんとやるというところが良かったのですが、これでは、ほんとうにそのまんまと言われてしまいますね。
本当に残念です。

もし容疑が本当であれば、罪を償い、反省し、そしてこれからは前を向いてがんばってほしいですね。

だって、以前は日本を代表して闘ってくれたんですからね!

スポンサーリンク
おすすめの記事